トップ診療科一覧診療科リウマチ・膠原病内科

ご案内

リウマチ・膠原病内科のご案内
■診療内容  当院に通院中のリウマチ患者数は、約500人と滋賀県内では最も多い施設の1つであり、湖北医療圏のみならず湖東医療圏など、他の医療圏から通院されている患者さんが多いです。
 また、県内では、外来が毎日開設されている数少ない施設で、2診体制で内科系合併症や手術適応などの相談を垣根なく行えるのが特徴です。

 

スタッフ紹介

スタッフ紹介
役職等 名前 資格
責任部長 梅原 久範 日本内科学会認定内科医
日本リウマチ学会リウマチ専門医・指導医
日本シューグレン症候群学会理事
中部リウマチ学会理事
部長 中村 拓路 日本内科学会認定内科医
日本リウマチ学会リウマチ専門医
日本血液学会認定血液専門医
部長 川中 紀邦 日本内科学会認定内科医
総合内科専門医
日本リウマチ学会リウマチ専門医
日本透析医学会専門医
日本がん治療認定医機構がん治療認定医
日本リウマチ学会登録ソノグラファー
担当医師
(嘱託医)
佐藤 智美 日本内科学会認定内科医
総合内科専門医
担当医師
(非常勤)
宮本 茂輝 日本内科学会認定内科医
日本リウマチ学会リウマチ専門医
担当医師
(非常勤)
谷口 雅司 日本内科学会認定内科医
担当医師
(非常勤)
日和 良介 日本内科学会認定内科医
日本リウマチ学会リウマチ専門医
担当医師
(非常勤)
森 将人 日本リウマチ学会
日本リウマチ学会リウマチ専門医
担当医師
(非常勤)
田中 真生 日本内科学会認定内科医
日本リウマチ学会リウマチ専門医・指導医

 

外来医担当表

 外来担当医については、下記リンクをご参照ください。

 休診、代診のお知らせについては、下記リンクをご参照ください。

診療実績

診療実績につきましては、下記リンクをご参照ください。

お知らせ

滋賀県で一番のリウマチ膠原病診療拠点を目指して
 リウマチ・膠原病内科1

診療局理事兼 リウマチ・膠原病内科責任部長 梅原 久範

 京都大学臨床免疫講座 三森経世教授、京都大学リウマチセンター田中真生准教授および当院の野田秀樹事業管理者、神田雄史院長のご高配を得て、本年1 月1 日付けで市立長浜病院リウマチ・膠原病内科およびリウマチセンターの運営を担当する事になりました。
 私は、2004 年に京都大学臨床免疫講座から金沢医科大学血液免疫内科講座に着任して以来、北陸地方は専門医の数が京阪神と比べて非常に少なく、リウマチ膠原病の診療が大変、手薄であることを痛感してきました。この問題を解消するため、北陸3 県の患者会とリウマチ専門医の先生方、そして、県の福祉行政に呼びかけて、「北陸リウマチ膠原病支援ネットワーク」を立ち上げました。3 県(富山・石川・福井) 合同の総会を10 年間開催し、専門医同士の交流を深め、患者さんへの情報提供と医療相談会を地道に行い、北陸のリウマチ膠原病診療の向上に務めてきました。
 長浜市は琵琶湖北部に位置するため、地理的にも医療環境も北陸3 県と似ています。また、近畿圏では珍しく滋賀県内にはリウマチ膠原病の診療拠点がありません。これまでは、京都大学から非常勤医師の派遣を得て、多くの外来患者さんの診療が行われてきました。
 しかし、病状の急な悪化や思わぬ有害事象発生時の入院対応が十分ではありませんでした。この状況を打開することに加え、さらに、京大病院で実施されているリウマチ患者さんの大規模コホート調査を本年4月から本院でも開始することが長浜市と京都大学との間で調印されており、一挙に高度先進医療をも担当する事になりました。
 幸いにも、金沢医科大からのメンバーである中村拓路先生、佐藤智美先生、良永幸恵秘書に加え、2月から新たに川中紀邦先生が加わり5人体制でスタートすることが出来ました。患者さんにとって、安全で質の高い医療を提供できるものと信じています。

リウマチ・膠原病内科2

 これまで難病として恐れられていた膠原病も、丌治と考えられていた関節リウマチも、生物学的製剤の出現など医療の進歩は著しく、緩解または治癒をも望める時代へと変わってきました。難病であればあるほど医師は患者に向かい合わねばなりませんが、私達は、「病気に厳しく、患者に優しい」医療を目指します。

このページの
先頭へ