トップ診療科一覧診療科形成外科
形成外科のご案内
■診療内容  形成外科では、対象とする病気や怪我は具体的に次のように分類されます。
  1. 外傷
    顔や手などの怪我
  2. 顔面骨骨折
    鼻骨骨折、頬骨骨折、上顎骨骨折、眼窩壁骨折など。
  3. 手、足の先天異常、外傷
    合指症、多指症、その他の手足の異常、手の怪我全般、骨折、捻挫、ばね指、ガングリオン、デュプイトラン拘縮など。
    顕微鏡を用いたマイクロサージャリーも行っています。なるべく傷跡が目立ちにくくなり、かつ手の機能が最大限に回復するように治療することを第一に心がけています。
  4. その他の先天異常
    小耳症、副耳、袋耳、埋没耳などの耳のあらゆる変形、でべそ、臍ヘルニア、副乳、陥没乳頭、その他の体表異常など。
  5. 母斑、血管腫、良性腫瘍
    ほくろ、その他の皮膚腫瘍など。症例に応じて手術を含めた最適な治療法を検討してから治療を開始します。
  6. 悪性腫瘍およびそれに関連する再建
    皮膚がんの切除、乳癌を含む各種悪性腫瘍切除後の再建など。
    当院は、乳房再建用エキスパンダーおよび、インプラント実施認定施設です。
  7. 瘢痕、瘢痕拘縮、肥厚性瘢痕、ケロイド
    瘢痕・肥厚性瘢痕、ケロイドなど。
    ステロイドの注射や手術のみならずケロイドの再発予防に放射線科と連携しての放射線治療(電子線照射)も行っています。
  8. 褥瘡、難治性潰瘍
    とこずれ、いろいろな治らないきずなど。
  9. その他
    陥入爪、巻き爪、顔面神経麻痺、眼瞼下垂・逆まつげ(睫毛内反症および眼瞼内反症)など。
 ほかにもいろいろありますので、お電話でお問い合わせください。
■患者さまへ  受診患者数の増加に形成外科医師がひとりで対応するため、外来の待ち時間が長くなっています。大変混雑した場合は、当日に人数で受診制限させていただく場合もあります。初めての方はなるべく当日の電話予約をしてから受診してください。
スタッフ紹介
役職等 名前 資格
担当医師
(非常勤)
仲野 孝史

日本形成外科学会専門医        日本形成外科学会再建・マイクロサージャーター分野指導医          日本創傷外科学会専門医

担当医師
(非常勤)
山下 輝世  

 外来担当医については、下記リンクをご参照ください。

 休診、代診のお知らせについては、下記リンクをご参照ください。

症例件数の算出定義:「疾病、傷病及び死因の統計分類提要ICD-10(2003年版)準拠」の中分類に則って算出しています。

診療実績(単位:件数)

手術 2021年
(1月~3月)
手術 2020年
(1月~12月)
皮膚切開 3 全層植皮・デブリードマン全層植皮・デブリードマン 3
胸骨骨折観血的整復術 1 創傷処置 3
皮膚腫瘍摘出術 1 断端形成術 2
    皮膚腫瘍摘出術 1
    眼瞼下垂手術 1

※2020年1月~2021年3月の入院での手術件数を集計しています。2021年4月以降、入院はありません。

 

このページの
先頭へ