病棟の紹介

 外来では様々な症状で受診された患者さんが安心して診察や治療を受けられるように、医師・看護師・診療補助者・クラークが協力して日々の診療業務にあたっています。入院での治療が必要になった患者さんに対しては、外来・病棟間で継続した看護を提供できるように、「継続看護患者情報交換用紙」を活用した情報交換を積極的に行っています。外来チーム内では患者カンファレンスを実施して、統一した看護が提供できるように心がけています。自宅など住み慣れた環境での療養を望まれる場合、かかりつけ医と連携がはかれるよう患者総合支援センターと情報交換を行っています。また、外来には糖尿病看護、皮膚排泄ケア、がん放射線療法看護、がん化学療法看護、救急看護の認定看護師が勤務しており、多様なニーズに応じた質の高い看護を提供できるよう努めております。常に患者さんに寄り添い、思いやりのある看護を提供することを念頭に、患者さんとの出会いを大切に看護を実践しています。

このページの
先頭へ