病棟の紹介

 当院では年間約4500例に及ぶ手術が実施されています。手術は患者さんにとって人生の中でとても大きな危機であり、不安と緊張は計り知れません。療養生活は治療と患者さんの意思によって様々な経過をたどりますが、手術は患者さんの意思でどうすることもできません。そのような環境において、手術侵襲以外の不要な侵襲から患者さんを守り、いかに安心して、より安全に安楽に手術を受けていただけるかを考え、看護実践するのが手術室看護師の役割です。また複雑、高度化する手術治療への対応や周術期看護について学習を積み、術前・術後訪問を通して、患者さんの思いを汲み取り治療に反映できるように、主治医、麻酔医、病棟看護師など多職種での医療チーム間の連携のもと日々看護にあたっています。

このページの
先頭へ