トップ当院のご案内当院の特色診療支援棟(救急センター・ICU)

支援棟

救急センター

 救急診療では、患者の症状や緊急度に応じて一次~三次救急に区分されます。
 当院は、入院治療が必要と思われる患者の診療を行っている二次救急医療機関です。内科系当直医と外科系当直医の2名体制をとっています。さらに、より専門的な治療が必要となる心筋梗塞・大動脈解離・脳卒中等の三次救急の患者も受け入れています。

救急センター内部の写真

(当院の救急センターの特徴)

  1. 救急初療室に一般撮影室やCT室、MRI室などを隣接させ、迅速な診療を行っています。
  2. 救急センターから専用エレベーターを利用し、心臓カテーテル検査室・脳アンギオ検査室・手術室・ICUへ移動ができ、緊急度の高い救急患者さんへの迅速な治療や他部署との連携をとっています。

救急センター内部の写真

  1. エアシューターを導入し、検体などを迅速に搬送しています。
  2. 救急初療室3室・経過観察室(点滴室)7床のベッドを設置しています。
  3. 救急受付が隣接しているため、受診から帰宅までの流れがスムーズです。

救急センター内部の写真

 突然の予期せぬ発症や受傷された患者さん、ご家族に対して少しでも不安・苦痛を軽減でき、診察がスムーズに進むようにさせていただきます。

救急センタースタッフの写真

ICU

ICU内部の写真

 当院ICUは、特定集中治療室管理料3を算定しており看護師配置は2対1で、24時間体制で地域・院内で発生する重症患者を受け入れています。
 ICUで診療・看護を受ける患者は、内科系・外科系を問わず、呼吸・循環・代謝その他の全身管理を必要とする重症患者やハイリスクな手術後の患者であるため、スタッフは日々自己研鑽に努め、専門職として質の高い看護が提供できるよう努めています。

ICUスタッフの写真

 医師・看護師、薬剤師・理学療法士・臨床工学技士等と共に質の高いチーム医療を提供しています。
 全身管理・集中治療と同時に、早期から肺理学療法や心臓リハビリテーション・機能回復訓練など実施して、患者の身体的・心理的・社会的機能を最大限に向上させるよう取り組んでいます。

リハビリの様子

ICUスタッフの写真

このページの
先頭へ