専門・認定看護師

 当院には、がん看護専門看護師と11領域の認定看護師の計17名がそれぞれの領域で活動しています。
 看護師一人ひとりのスキルアップを目指して、院内の様々な部門と連携し、実践活動・情報提供を行っています。さらに、より質の高い看護が提供できるように、様々な領域の専門看護師、認定看護師の育成に力を入れています。

専門看護師の紹介

 専門看護師とは、日本看護協会が認定する資格です。
 複雑で解決困難な看護問題を持つ個人、家族および集団に対して質の高い看護ケアを効率よく提供するための、特定の専門看護分野の知識および技術を深め、保健医療福祉の発展に貢献し、併せて看護学の向上をはかります。

がん看護専門者講師
山岸美紀
 がん患者さんご家族の身体的・精神的な苦痛に寄り添い、必要な支援を行うとともに、院内外の看護師や他の医療者からの様々な相談にも対応し、専門知識を活かしたアドバイスや調整、教育・研究活動を行っています。またがん相談支援センターで、遺伝性乳がん・卵巣がんの遺伝カウンセリングも担当しています。

認定看護師の紹介

 認定看護師とは、日本看護協会が認定する資格です。
 特定の看護分野において、熟練した看護技術と知識を用いて、質の高い看護実践ができ、看護現場における看護ケアの広がりと質の向上をはかります。

皮膚・排泄ケア認定看護師
笠原みすず
西尾多恵
 褥瘡をはじめとする慢性創傷、ストーマ、排尿・排便障害やそれに伴う皮膚障害などに専門的なケアを提供する看護師です。入院から退院後の生活まで継続したケアが提供できるよう多職種・地域との連携につとめています。
感染管理認定看護師
中村寛子
藤木智美
 感染管理認定看護師は、患者さんやご家族、病院で働く職員などを感染から守る役割があります。安全な療養環境と職場環境を提供するために、科学的根拠に基づいて感染防止を行っています。また院内にとどまらず、地域の施設とも連携しながら院外活動も行っていきますので、必要時にはご連絡ください。
糖尿病看護認定看護師
西堀靖子
東昌代
 糖尿病という慢性疾患を持つ患者さんが、食事・運動・薬物療法を日々の生活の中で自己管理していけるように、患者さんと一緒に考え、指導や相談を行っています。患者さんの足の観察を行い、足病変の危険性と足の大切さを説明し、フットケアをしています。
緩和ケア認定看護師
宮﨑恵子
 緩和ケアチーム、緩和ケア総合外来において院内外を通じ、がん対策推進に関わる看護師です。患者さん、ご家族の方はもちろん医療スタッフや地域の方々と「生きていくこと」「継いでいくこと」を一緒に考え、悩みながら「大切な今、これまで、これから」を支えていく看護を日々目指しています。
がん性疼痛看護認定看護師
河野智一
大町衣里子
 がん患者さんは身体だけでなく、気持ちのつらさなど様々な痛みを経験します。
 私たちは、入院、在宅療養中の患者さんとその家族の痛みやその他のつらさを緩和できるよう活動しています。
救急看護認定看護師
尚永直哉
 救急外来を受診される患者さんや、院内で急変される患者さんの対応を行っています。呼吸サポートチームの一員として、人工呼吸器装着中の患者さんや呼吸管理が困難な患者さんへの治療介入・援助を行っています。また、患者さんの急変に対し迅速かつ適切に対応できるようスタッフへの指導も行っています。

脳卒中リハビリテーション看護認定看護師
杉山慎太郎

 平成25年脳卒中リハビリテーション看護認定看護師の認定を得て、3階西病棟で勤務しています。脳卒中は、現在全国で死亡率第4位の病気であり、他人事ではなくなりました。今後の急速な高齢化による脳卒中患者の増加などに的確に対応するため、活動していきたいと思います。
慢性心不全看護認定看護師
杉村隆幸
 慢性心不全看護認定看護師は高齢化とともに増える心不全患者さんに対し、その人らしい生活ができるよう支援することが大きな役割です。退院後を見据えた医療・看護が提供できるチーム医療にも努めていきます。
慢性呼吸器疾患看護認定看護師
山口清香
 慢性呼吸器疾患患者を対象としています。COPDや間質性肺炎、気管支喘息患者などの安定期、増悪期、終末期の各病期に応じた呼吸機能の評価を行い、その人らしく自己管理していけるように支援を行います。
がん放射線療法看護認定看護師
入江桃好
杉山順哉
 私たちの役割は、がん患者さんやご家族が放射線治療を円滑に受けていただけるよう、治療計画の段階から副作用を予測し、予防的なケアや症状マネジメントを行うことです。関わりを通して、患者さんやご家族の不安を軽減するとともに、「自分らしく生きる」ための治療完遂に向けたサポートをしていきたいと思っています。
手術看護認定看護師
平井義一
 手術を受ける患者さんに対して、手術侵襲の低減と回復促進を目指し、手術決定から回復期(周術期)を視野に入れて看護実践を行います。
 手術や麻酔に不安を抱く患者さんが、安心して手術を受けることができるように、また周術期を通して安全・安楽に過ごすことができるように支援していきます。

 

診療サポート部門

このページの
先頭へ