DPCデータに基づく『病院情報の公表』Webページ公開のお知らせ

 当院では、DPCデータから全国統一の定義と形式に基づいた指標を作成し、皆さんに情報公開を進めています。
 このたび、厚生労働省のテンプレートを利用した『病院情報の公表』Webページを公開致しました。
 当院における診断群分類別患者数上位3疾患や、5大がんの患者数などをDPCデータに基づき掲載しています。

 現在公開している病院指標は、平成27年度(2015年4月1日~2016年3月31日)、平成28年度(2016年4月1日~2017年3月31日)に当院を退院した患者様のデータをもとに作成しております。
 

 平成28年度の病院指標はこちら

 平成27年度の病院指標はこちら

<はじめに>
 臨床指標とは、医療の質を具体的な数値で示し、客観的に評価することを可能としたものです。
 指標を分析し、経年変化を見ていくことによって、必要に応じて改善を行い、医療の質の向上に活かしていきたいと考えております。
 また、この指標の公開は、地域の皆様に当院の特徴や現在の急性期医療についてより理解を深めていただくことを目的としておりますが、それは必ずしも病院間の医療の差を表すものではありません。

<診断群分類(DPC)とDPC/PDPS(診断群分類別包括支払い制度)について>
 診断群分類とは、「Diagnosis(診断)Procedure(診療行為)Combination(組み合わせ)」の略で約500種類の主な疾患(病名)を基本として、重症度・年齢・手術・処置・副傷病名の有無などにより、さらに約4200種類の診断群に分類したものです。(2016年3月18日付厚生労働省告示第73号別表)
 従来の入院費の計算は、実施した診療内容(入院基本料や検査、レントゲン、投薬、注射など)を積み上げる方法で計算する「出来高支払い方式」でしたが、当院がDPC対象病院となった2008年7月より、DPC/PDSP(診断群分類別包括支払い制度)による計算方法に変更となりました。これは診断群分類ごとに1日当たりの入院費が決められており、これをもとに計算します。
 患者様が入院された場合、例外を除いて、この約4200種類の診断群分類のうちどれか1つに該当することになります。

 

平成29年度 市立長浜 病院指標

医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

年齢階級別退院患者数
ファイルをダウンロード (TSV 41バイト)

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 279 95 147 287 497 679 1487 2039 1676 398

集計方法と定義:2017年度退院患者様の人数を、10歳刻みの年齢階級別に集計しています。年齢は入院時の満年齢です。
当院は、琵琶湖と伊吹山に囲まれた自然豊かな歴史のある街に位置しています。古くから住まわれている方が多く移動が少ないため、幅広い年齢層となっています。患者数が60歳台より急激に増えていることから、地域の高齢化が見てとれます。

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
ファイルをダウンロード(TSV 9.26KB)

■循環器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1 なし、1,2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 403 4.3 4.62 0% 73.5  
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等1 2あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 211 3.4 3.19 0% 73.2  
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 76 17.1 17.71 1.3% 83.0  
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1 なし、1,3あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 52 10.4 11.21 0% 78.9  
050170xx03000x 閉塞性動脈疾患 動脈塞栓除去術 その他のもの(観血的なもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 41 5.2 5.68 0% 73.1  

集計方法と定義:診療科別に症例数の多い入院について上位5症例を示しています。
狭心症の患者さまで、心臓カテーテル検査の目的のための入院が多いです。検査の中で治療が必要と判断された場合はバルーン(風船)を狭窄部にもっていき(血管内側のプラーク脂肪が沈着してつくった盛り上がり)を押し広げる治療法)血液の流れを改善させたり、バルーンのあとにステントという金属でできた網状の筒を留置するなどの治療を行う場合もあります。これらの治療法は患者さまへの負担が少なく、当院では経過が順調な患者さまは、術後2~4日で退院することが可能です。

■小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 64 3.3 6.18 0% 0.0  
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 43 7.3 6.32 0% 3.4  
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病 なし 37 6.5 5.94 0% 2.1  
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 30 6.8 5.70 0% 4.9  
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2 なし 14 4.6 5.50 0% 4.8  

集計方法と定義:診療科別に症例数の多い入院について上位5症例を示しています。
当院にて出生された新生児の治療や管理は産婦人科と連携して診療しています。また、急性気管支炎や喘息、肺炎などの呼吸器系の疾患も多くみています。

■外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
090010xx03x0xx 乳房の悪性腫瘍 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 手術・処置等2 なし 46 7.8 6.37 0% 57.2  
060330xx02xxxx 胆嚢疾患(胆嚢結石など) 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 22 7.5 6.64 4.5% 62.1  
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 17 10.8 8.98 0% 74.2  
060020xx02x0xx 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2 なし 16 18.0 17.27 0% 67.6  
090010xx99x40x 乳房の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 15 5.9 4.49 0% 53.8  

集計方法と定義:診療科別に症例数の多い入院について上位5症例を示しています。
乳癌について、癌の大きさや性状によって治療方法が異なり、手術より先に化学療法を行う場合もあります。初回化学療法は入院管理の下に行い、経過が良好であれば外来化学療法へと移行しています。

■整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 130 20.3 27.09 14.6% 83.6  
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 120 9.8 25.09 0% 75.8  
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 88 25.9 23.14 0% 66.4  
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 28 4.8 11.41 0% 50.4  
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 26 27.0 17.28 0% 71.7  

集計方法と定義:診療科別に症例数の多い入院について上位5症例を示しています。
骨折や損傷などの外傷や脊柱管狭窄などの加齢による変性疾患や慢性疾患に対する治療を行います。膝関節や股関節が加齢とともに何らかの影響で、変形や壊死した場合、人工関節の挿入を行います。当院では、患者様の痛みに寄り添い、歩行が可能となるよう様々なサポートを行っています。

■形成外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140140xxxxxxxx 口蓋・口唇先天性疾患 - - 9.64 - -  
160200xx0200xx 顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 鼻骨骨折整復固定術等 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし - - 5.60 - -  
180060xx97xxxx その他の新生物 手術あり - - 6.45 - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  

集計方法と定義:診療科別に症例数の多い入院について上位5症例を示しています。
当院の形成外科では、皮膚の良性腫瘍から悪性腫瘍、身体の外傷、また口唇口蓋裂などの先天性疾患まで幅広く診療を行っています。多くは手術目的です。

■脳神経外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 37 10.8 9.68 2.7% 75.2  
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 26 3.6 3.14 0% 66.7  
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 発症前Rankin Scale 0、1又は2 24 18.5 16.38 0% 67.0  
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 23 7.8 7.34 0% 67.7  
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2 なし 22 6.1 6.28 0% 70.7  

集計方法と定義:診療科別に症例数の多い入院について上位5症例を示しています。
高齢の方の頭部損傷は手術に至るケースがありますが、若干若い方は保存的加療で経過を診させていただくことが多いようです。また、脳動脈瘤や脳梗塞といった迅速な処置が必要な疾患についても対応しています。

■呼吸器外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2 なし 69 7.6 12.35 1.5% 70.0  
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 30 9.7 14.60 0% 77.1  
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 8.1 10.04 0% 40.3  
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 19 7.1 11.99 0% 70.1  
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 18 2.4 3.59 0% 68.9  

集計方法と定義:診療科別に症例数の多い入院について上位5症例を示しています。
5位まで肺癌に対する検査、治療の症例となっています。
肺癌の初回化学療法は入院管理の下で行っています。経過が良好な場合は外来での化学療法へと移行していきます。外科治療については、胸腔鏡を用いた手術を推奨し、術後早期に退院可能な治療を行っています。症例に応じて他の診療科とも連携をとりながら、最善の治療を提供し、サポートしています。

■心臓血管外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 126 2.7 3.20 0% 66.1  
050163xx9910xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 手術なし 手術・処置等1 1あり 手術・処置等2 なし 35 3.8 4.56 0% 77.0  
110280xx02x00x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 動脈形成術、吻合術 その他の動脈等 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 26 5.2 8.50 0% 75.7  
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2 なし 22 19.7 12.51 4.5% 78.6  
050130xx0102xx 心不全 冠動脈、大動脈バイパス移植術(人工心肺を使用しないもの)等 手術・処置等1 なし、1あり 手術・処置等2 2あり 20 37.4 55.09 20% 74.0  

集計方法と定義:診療科別に症例数の多い入院について上位5症例を示しています。
静脈・リンパ管疾患は下肢静脈瘤の診療を主に行っています。
また、血液透析をおこなうための内シャントの作成を行っています。1分間に約200mLもの大量の血液を体から透析器にとりだすため取り出し口が必要です。動脈と静脈を直接つなぎ大量の血液が通るようにした血管のことを内シャントと呼びます。非破裂性大動脈瘤は動脈の一部が風船のようなこぶ状になったものを動脈瘤といいます。まだ破裂する前の状態のことで痛みなどの自覚症状がありません。破裂すると命に関わることもあるので、予防としての手術を行うことがあります。

■産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120060xx02xxxx 子宮の良性腫瘍 腹腔鏡下腟式子宮全摘術等 57 8.5 6.28 0% 45.9  
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 43 4.0 4.98 0% 61.3  
120170xx99x0xx 早産、切迫早産 手術なし 手術・処置等2 なし 37 35.5 20.41 2.7% 30.0  
120070xx02xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 腹腔鏡によるもの等 33 8.1 6.37 0% 39.7  
120180xx01xxxx 胎児及び胎児付属物の異常 子宮全摘術等 30 9.9 9.75 0% 34.0  

集計方法と定義:診療科別に症例数の多い入院について上位5症例を示しています。
産科と婦人科、統合して診療しています。婦人科領域の多くは手術目的で子宮筋腫や卵巣腫瘍などの疾患を幅広く診療しています。また、子宮体癌の症例も多く、術後の化学療法目的の治療も行っています。産科においては、切迫早産、切迫流産の診療、また帝王切開手術も行っており、生まれた新生児は小児科と連携してNICUにて治療、管理を行っています。

■眼科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020160xx97xxx0 網膜剥離 手術あり 片眼 30 13.5 10.21 0% 59.5  
020200xx9710xx 黄斑、後極変性 手術あり 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 21 10.2 7.31 0% 65.4  
020240xx97xxx0 硝子体疾患 手術あり 片眼 14 7.4 6.63 0% 63.9  
020220xx97xxx0 緑内障 手術あり 片眼 14 12.1 8.51 0% 71.4  
- - - - - - -  

集計方法と定義:診療科別に症例数の多い入院について上位5症例を示しています。
多くは手術目的の疾患です。網膜剥離、黄斑変性、硝子体出血、緑内障など幅広く診療しています。白内障について、最も多い症例で手術を行っていますが、DPCの対象外(短期滞在入院基本料)となっているため集計からは除外しています。

■耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 18 8.2 7.23 0% 54.0  
030150xx97xxxx 耳・鼻・口腔・咽頭・大唾液腺の腫瘍 手術あり 13 7.9 7.58 0% 44.5  
100020xx01x0xx 甲状腺の悪性腫瘍 甲状腺悪性腫瘍手術 切除等 手術・処置等2 なし 10 9.9 9.20 0% 55.8  
- - - - - - -  
- - - - - - -  

集計方法と定義:診療科別に症例数の多い入院について上位5症例を示しています。
他の診療科と比べて、耳鼻咽喉科では若干平均年齢が低い傾向にあります。慢性副鼻腔炎、耳や鼻および甲状腺の腫瘍、IgA腎症の起因となる慢性扁桃炎などの手術を積極的に行っています。また扁桃や咽頭など、のどに起こる炎症に対する診療も行っています。

■神経内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010110xxxxx40x 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 12 22.3 16.95 0% 65.4  
010060x2990211 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 2あり 定義副傷病 1あり 発症前Rankin Scale 0、1又は2 - - 18.64 - -  
010110xxxxx0xx 免疫介在性・炎症性ニューロパチー 手術・処置等2 なし - - 11.56 - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  

集計方法と定義:診療科別に症例数の多い入院について上位5症例を示しています。
筋、脳神経系に対して内科的治療の症例を多く診ています。疾患により年齢層の幅が大きいことが神経内科の特徴です。

■泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等 手術・処置等1 なし 定義副傷病 なし 70 5.3 5.75 0% 60.9  
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 45 7.0 7.31 0% 73.4  
110310xx99xx0x 腎臓または尿路の感染症 手術なし 定義副傷病 なし 28 10.1 12.34 0% 77.1  
110200xx02xxxx 前立腺肥大症等 経尿道的前立腺手術 18 9.2 9.73 0% 74.0  
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 定義副傷病 なし 15 5.5 7.20 6.7% 60.3  

集計方法と定義:診療科別に症例数の多い入院について上位5症例を示しています。
尿路結石の症例を多く診ています。内視鏡で直接確認しながら、レーザーで結石を砕石・摘出を行うため根治を目指すことができます。3泊4日で退院することができるよう、力を入れています。また、膀胱癌、前立腺の疾患も積極的に診療しています。

■呼吸器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 あり 手術・処置等2 なし 86 2.6 3.59 0% 72.1  
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし 47 11.1 11.99 0% 70.3  
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2 なし 46 14.7 19.65 4.4% 75.1  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 44 18.5 20.83 6.8% 85.3  
040120xx99000x 慢性閉塞性肺疾患 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 43 11.0 13.83 0% 74.4  

集計方法と定義:診療科別に症例数の多い入院について上位5症例を示しています。
肺がんの初回化学療法は入院管理の下で行っています。経過が良好な場合は外来での化学療法へと移行していきます。間質性肺炎や慢性閉塞性肺疾患といった主として内科的治療を行う症例を診ています。誤嚥性肺炎については、治療とリハビリを行い生活の質を落とさないで早期の退院を目指しています。

■内分泌内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 86 10.4 12.23 1.1% 55.5  
110280xx991x0x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 手術・処置等1 あり 定義副傷病 なし 79 7.0 7.35 0% 50.7  
100180xx99000x 副腎皮質機能亢進症、非機能性副腎皮質腫瘍 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 29 4.6 5.76 0% 51.8  
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 22 31.5 20.83 4.5% 87.1  
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1 なし 手術・処置等2 なし 定義副傷病 なし 21 7.9 17.71 0% 55.5  

集計方法と定義:診療科別に症例数の多い入院について上位5症例を示しています。
慢性腎臓病の教育入院が多く、次に腎臓の生検目的の入院となっています。慢性腎臓病の地域連携パスを活かし、腎疾患の地域医療を充実させるべく取り組んでいます。比較的若年者の高血圧疾患者に対し、検査入院も行っています。

■血液内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等2 4あり 定義副傷病 なし - - 16.48 - -  
130020xx99x3xx ホジキン病 手術なし 手術・処置等2 3ありホジキン病 手術なし 手術・処置等2 3あり - - 15.37 - -  
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等2 2あり - - 40.97 - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  

集計方法と定義:診療科別に症例数の多い入院について上位5症例を示しています。
悪性リンパ腫、白血病等を主に診療しています。主な治療は化学療法ですが、入院期間も長期に渡るため、患者さんの状態に合わせた治療を行っています。

■膠原病リウマチ内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070560xx99x0xx 全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 手術なし 手術・処置等2 なし 16 27.4 17.16 0% 65.1  
070470xx99x6xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2 6あり 10 3.5 2.90 0% 48.2  
070470xx99x5xx 関節リウマチ 手術なし 手術・処置等2 5あり - - 6.71 - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  

集計方法と定義:診療科別に症例数の多い入院について上位5症例を示しています。
平成29年度よりリウマチセンターが開設されたことにより、リウマチや自己免疫疾患に対する専門的な医療を提示することが可能となりました。

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
ファイルをダウンロード(TSV 129バイト)

  初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 11 10 12 12 0 0 1 7
大腸癌 9 11 25 6 0 6 1 7
乳癌 28 16 18 2 0 5 1 7
肺癌 81 36 111 162 0 29 1 7
肝癌 14 8 1 4 0 2 1 7

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

5大癌とは、発症症例数が多いとされる胃癌、大腸癌、肝臓癌、肺癌、乳癌の事をいいます。
UICC(国際対がん連合)が定めた腫瘍の病気分類があり、T(原発腫瘍の拡がり)N(所属リンパ節転移の有無)、M(遠隔転移の有無)を評価し、それを指標に癌の進展度と拡がりの程度を組み合わせたStage分類です。この指標では当院が入院治療を行った5大癌のStage分類毎の患者数を示しております。

成人市中肺炎の重症度別患者数等
ファイルをダウンロード(TSV 91バイト)

  患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 26 9.1 53.5
中等症 131 12.5 77.0
重症 37 15.9 83.2
超重症 9 23.2 86.6
不明 - - -

集計方法と定義:市中肺炎とは、普段の社会生活の中でかかる肺炎のことであり、成人市中肺炎診療ガイドライン(日本呼吸器学会)による重症度分類を用いて集計しています。この指標では細菌による肺炎を集計しており、インフルエンザウイルスなどのウイルスによる肺炎や食べ物の誤嚥による肺炎、気管支炎などは集計対象外です。また、年齢が16歳未満の患者様も対象外としています。評価の数値が高いほど重症となります。重症度が高いほど、高齢になっています。

脳梗塞の患者数等
ファイルをダウンロード(TSV 50バイト)

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 172 27.0 76.0 0
その他 15 23.2 75.9 0

集計方法と定義:医療資源を最も投入した傷病名が脳梗塞の患者様を対象として、その発症から入院までの日数別に症例数を算出しています。
脳梗塞とは脳に栄養を与える動脈の閉塞、または狭窄のため脳虚血を来たし、脳組織が酸素または栄養の不足のため壊死、または壊死に近い状態になることをいいます。この指標では、発症の違いによる転院率、入院期間の違い等について示しています。

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
ファイルをダウンロード(TSV 4.03KB)

■循環器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術 その他のもの 274 1.7 2.4 0% 74.3  
K5463 経皮的冠動脈形成術 その他のもの 79 1.5 1.7 0% 72.5  
K5482 経皮的冠動脈形成術(特殊カテーテルによるもの) エキシマレーザー血管形成用カテーテルによるもの 67 1.3 5.2 0% 72.7  
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 56 2.0 4.8 0% 74.4  
K5972 ペースメーカー移植術 経静脈電極の場合 40 1.5 11.4 2.5% 80.4  

集計方法と定義:診療科別に症例数の多い手術について上位5症例を示しています。
虚血性心疾患や下肢の動脈硬化による疾患に対し、バルーン拡張やステント留置のよる経皮的動脈形成・ステント留置術を行っております。血流途絶による心筋等の死滅を回避するため早期診断・治療に積極的に取り組み施術しております。

■外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 48 1.4 5.1 0% 64.3  
K4762 乳腺悪性腫瘍手術 乳房部分切除術(腋窩部郭清を伴わないもの) 45 1.0 5.7 0% 57.4  
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 36 2.5 7.3 5.6% 61.0  
K6335 ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 23 1.7 5.3 0% 72.9  
- - - - - - -  

集計方法と定義:診療科別に症例数の多い手術について上位4症例を示しています。
消化器の手術について、侵襲性の低い腹腔鏡を使用した手術に積極的に取り組んでいます。当院では、乳腺外来に力を入れております。最近比較的早期で乳癌が見つかる患者が多く、早期診断・治療に取り組んでいます。

■整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術 肩、股、膝 228 2.4 25.8 0% 72.1  
K0461 骨折観血的手術 肩甲骨、上腕、大腿 89 2.2 32.5 13.5% 83.9  
K0811 人工骨頭挿入術 肩、股 56 2.7 34.6 17.9% 81.8  
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 椎弓形成 41 4.7 36.0 2.4% 71.6  
K1424 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。) 前方後方同時固定 37 3.0 33.8 0% 73.7  

集計方法と定義:診療科別に症例数の多い手術について上位5症例を示しています。
人工関節置換術は、傷んでいる関節部分を取り除き、人工の関節に置き換える手術です。高齢者に多い大腿骨の骨折や脊椎の変性疾患、慢性疾患に対して患者さまの骨の質や生活習慣、年齢などを考慮して手術方法や材料を選択しています。術後はリハビリにより、早期の機能回復と退院を目指します。

■脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 33 0.6 11.5 3.0% 76.9  
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術 その他のもの 10 10.0 45.2 10.0% 70.2  
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  

集計方法と定義:診療科別に症例数の多い手術について上位3症例を示しています。
従来の外科治療に加え、脳血管内手術・経皮的頚動脈ステント留置術などのカテーテル治療を行っています。脳腫瘍に対し、腫瘍摘出術や化学療法など最も効果的な治療法を選択するようにしています。外傷性の慢性硬膜下血腫に対し、迅速な判断のもと穿孔洗浄術等行っています。

■呼吸器外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 肺葉切除又は1肺葉を超えるもの 31 1.8 6.1 3.2% 68.0  
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 部分切除 25 1.8 2.8 0% 71.5  
K5131 胸腔鏡下肺切除術 肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの) 23 3.8 3.3 0% 42.4  
K5132 胸腔鏡下肺切除術 その他のもの 13 3.4 2.8 0% 62.6  
- - - - - - -  

集計方法と定義:診療科別に症例数の多い手術について上位4症例を示しています。
胸腔鏡を用いた手術は、患者さまの身体への負担が少なく、術後早期に退院可能な治療です。症例によっては、関係各科と対応した拡大手術を行います。

■心臓血管外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-2 大伏在静脈抜去術 126 1.0 0.7 0% 66.1  
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 26 2.5 2.6 0% 74.8  
K5606 弁置換術 1弁のもの 20 3.9 35.3 5.0% 75.5  
K5606 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの) 19 9.4 29.7 0% 76.8  
K5612 ステントグラフト内挿術 腹部大動脈 17 3.7 11.6 0% 78.2  

集計方法と定義:診療科別に症例数の多い手術について上位5症例を示しています。
当院では、下肢動脈瘤に対して手術侵襲の少ない高周波による血管内焼却術を行っています。弁膜症に対し、弁置換術や弁形成術、また、大動脈瘤に対しては、症状に応じ動脈形成術や弁置換形成術、または、低侵襲性のステントグラフト内挿術も行っています。

■産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877-2 腹腔鏡下腟式子宮全摘術 84 2.6 5.1 0% 47.0  
K861 子宮内膜掻爬術 42 0.1 0.2 0% 45.6  
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側) 腹腔鏡によるもの 39 2.1 5.2 0% 49.1  
K867 子宮頸部(腟部)切除術 36 1.1 2.1 0% 40.2  
K8982 帝王切開術 選択帝王切開 35 9.2 7.1 0% 34.1  

集計方法と定義:診療科別に症例数の多い手術について上位5症例を示しています。
産婦人科では女性に配慮した、術後の傷跡の少ない腹腔鏡下手術を多く行っています。また、子宮体癌など早期発見に繋がるよう子宮内膜掻爬術を行い、病理検査をしています。子宮頸癌において、子宮頸部切除術も多く行っており、早期治療に繋げています。お産においては母子ともに配慮した帝王切開手術も多く行っています。

■眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術 眼内レンズを挿入する場合 その他のもの 419 0.0 0.8 0% 74.9  
K2801 硝子体茎顕微鏡下離断術 網膜付着組織を含むもの 62 0.8 9.4 0% 62.5  
K2802 硝子体茎顕微鏡下離断術 その他のもの 24 0.9 5.2 0% 63.9  
K2683 緑内障手術 濾過手術 10 1.0 11.0 0% 71.2  
- - - - - - -  

集計方法と定義:診療科別に症例数の多い手術について上位4症例を示しています。
眼科での手術の多くは、白内障に対しての水晶体再建術になります。また、網膜剥離、硝子体出血、黄斑変性などの疾患において硝子体茎顕微鏡下離断術を行っています。緑内障に対しても、緑内障手術を積極的に行っています。

■耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 26 1.2 7.6 0% 28.3  
K340-5 内視鏡下鼻・副鼻腔手術III型(選択的(複数洞)副鼻腔手術) 12 1.0 5.3 0% 51.2  
K347-3 内視鏡下鼻中隔手術1型(骨、軟骨手術) - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  

集計方法と定義:診療科別に症例数の多い手術について上位3症例を示しています。
口蓋扁桃手術は、慢性扁桃炎に起因するIgA腎症や睡眠時無呼吸症候群の原因となる扁桃肥大に対して扁桃を摘出する手術です。内視鏡下鼻・副鼻腔手術は、主に慢性副鼻腔炎に対して行われます。合併している疾患にによって、内視鏡下による鼻中隔手術や下鼻甲介手術も併せて行います。

■泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7811 経尿道的尿路結石除去術 レーザーによるもの 64 1.6 3.0 0% 61.2  
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 電解質溶液利用のもの 45 2.1 3.9 0% 73.4  
K8411 経尿道的前立腺手術 電解質溶液利用のもの 23 2.6 5.3 0% 73.3  
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 18 1.0 5.3 0% 61.4  
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術 11 2.7 8.2 0% 66.8  

集計方法と定義:診療科別に症例数の多い手術について上位5症例を示しています。
泌尿器科では、尿路結石に対してレーザーを使用し、根治を目指す手術を多く行っています。早期退院に配慮し、当院は通常3泊4日で対応しています。また、膀胱癌は再発も含め、腫瘍を除去する手術を多く行っています。泌尿器科での大きな手術として、腎盂尿管癌に対する侵襲性の少ない腹腔鏡下で腫瘍を取り除く手術も積極的に行っています。

■内分泌内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 62 0.3 1.3 1.6% 70.4  
K610-3 内シャント又は外シャント設置術 14 15.4 25.8 0% 67.6  
K3772 口蓋扁桃手術 摘出 - - - - -  
- - - - - - -  
- - - - - - -  

集計方法と定義:診療科別に症例数の多い手術について上位3症例を示しています。
「内シャント」と呼ばれる透析を行うための血管が狭窄や閉塞したりすると、十分な透析が出来なくなります。その際、風船(バルーン)のついたカテーテルで、血管内の狭くなった部分を拡張します。当院では通常1泊2日で対応しています。急な透析導入の際は、シャントが作られていないため、当科の入院中に心臓血管外科にシャント作成の依頼をし、対応しています。

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
ファイルをダウンロード(TSV 320バイト)

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 1 0.01%
異なる 3 0.04%
180010 敗血症 同一 21 0.27%
異なる 19 0.25%
180035 その他の真菌感染症 同一 1 0.01%
異なる 2 0.03%
180040 手術・処置等の合併症 同一 109 1.43%
異なる 8 0.10%

集計方法と定義:最も医療資源を投入した傷病名が「播種性血管内凝固」、「敗血症」、「その他の真菌症」、「手術・術後の合併症」について患者数を算出し、全入院患者に対する発症率を算出しています。医療資源を最も投入した傷病名と入院のきっかけとなった傷病名が同一か否かで集計しています。
解説:この指標は、医療の質の改善に資するため、臨床上ゼロにはなりえないものの、少しでも改善すべきものとして、重篤な疾患である上記疾患の発症率を示しています。手術や処置、検査などを行う場合には、合併症を起こさないよう細心の注意を払って行っています。しかし、起こり得る合併症については、事前に患者様に説明をし、同意をいただいた上で施行しています。

 

このページの
先頭へ