トップ記事新型コロナウイルス感染症が疑われる方の相談・受診について

新型コロナウイルス感染症が疑われる方の相談・受診について

 新型コロナウィルス感染症が疑われる(下記のような症状がある)方は、医療機関に直接来院しないで、帰国者・接触者相談センターにご相談ください。

 以下のいずれかに該当する方は、帰国者・接触者相談センターに相談ください。 

  • 風邪の症状や37.5度以上の発熱が4日以上続く方 (解熱剤を飲み続けなければならない方も同様です。)
  • 強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある方

 

 以下のような方は重症化しやすいため、この状態が2日程度続く場合には、帰国者・接触者相談センターにご相談ください。

  • 高齢者 ・ 糖尿病、心不全、呼吸器疾患の基礎疾患がある方や透析を受けている方   
  • 免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方


 「帰国者・接触者相談センター」が症状などを聞き取ったうえで、専門の医療機関への受診方法を説明します。

 直接、当院など医療機関に来院されないようにしてください。

 

 

【新】新型コロナウイルス感染症に関する電話相談窓口 5/1から

  • 受診に関する相談(帰国者・接触者相談センター)毎日24時間

      電話 077-528-3621
      FAX 077-528-4865
      E-mail corona-soudan@pref.shiga.lg.jp

 

  • その他新型コロナウイルス感染症に関する相談(一般電話相談窓口) 毎日8:30~17:15

      電話 077-528-3637
      FAX 077-528-4865
      E-mail corona-soudan@pref.shiga.lg.jp

このページの
先頭へ