病気の治療のため入院され集中的な治療が終了すると、住宅への通院や次の医療機関や施設への転院・入所が求められています。しかし現在では、治療を継続し、病気と向き合いながら生活していく必要のある疾患が多くあり、通院後の治療や生活を患者さんとご家族だけで決めていくことに不安を感じられることが多くあると思います。
 そうした患者さんやご家族と、ケアマネージャーや病院、施設との連絡調整を行います。
 また、退院後の医療処置の方法やケア方法などを習得する支援、自宅での療養環境を整備することや社会資源の利用についての相談など入院中から在宅療養への準備をお手伝いします。
 

<退院支援の事例>
退院後の生活について
  • 退院してもよいと言われたが、家での介護が不安
  • 退院後に利用できる病院や施設について知りたい
  • 退院後、元の生活や仕事に戻るための準備をしたいがどうしたらよいか知りたい
福祉サービス・制度について
  • 車いすや介護用ベッドが欲しいがどうしたらよいか知りたい
  • 介護保険の申請の方法が知りたい

このページの
先頭へ