トップ採用情報研修医情報研修計画(臨床研修医)

研修計画

※ローテーションの順序については選択方法により多少異なります。

ローテーション例1

 内科研修については、6か月を研修期間とし、血液・リウマチ膠原病、消化器、腎臓代謝、呼吸器、循環器、神経の各内科専門領域をオーガナイザーの下に総合診療科として内科全般のプライマリケアの修得を目指します。消化器については、長浜赤十字病院での研修も可能です。
 救急部門については、麻酔科での基本的手技の取得(蘇生の基本を麻酔科・ICUにてマン・ツー・マンで行います)、内科研修における救急外来当番、各診療科での宿日直研修をあわせて合計3か月とします。
  選択必修として外科、麻酔科、産婦人科、小児科、精神科からの選択(2科目以上)とします。

ローテーション例2

 地域医療研修は協力施設である湖北保健医療圏域の診療所の中から、研修医が1週間単位で研修先を決定します。
 選択科目として、市立長浜病院内科(血液内科、腎臓代謝内科、リウマチ膠原病内科)、呼吸器内科、循環器内科、神経内科、脳神経外科、呼吸器外科、外科、整形外科、形成外科、心臓血管外科、泌尿器科、小児科、産婦人科、眼科、耳鼻咽喉科、麻酔科、放射線科、病理診断科、セフィロト病院精神科、滋賀医科大学医学部付属病院から1か月単位で選択します。

プログラムの特徴

  1. 前半を基本研修科目にあて、プライマリ・ケアに必要な基本的な知識と技術の修得にあてています。
  2. 基本研修科目は、いずれの診療科においても、頻度の高い疾患の初期治療、治療計画を中心に履修します。
  3. 選択科目(最長11か月)は原則として基本研修科目、必修研修科目をさらに深く研修するため、または研修が不十分と判断された科目の再履修にあてます。ただし、希望があれば、他の選択科目(基本研修、必修研修科目以外)および専門領域内科の選択も可能となり、自主プログラミングをすることで、研修医の自主性を尊重できる研修を実施しています。
  4. 内科系・外科系等、将来の希望に応じた研修スケジュールを組んでおり、希望者には研修プログラム責任者が選択期間も含めて、より研修効果の あがる研修プログラムを組むことができます。
  5. 地域の基幹病院としての充実した設備の下、多彩な選択領域のなかで幅 広い症例や疾患を経験することができ、研修医の希望に応じた内容での研修ができます。また、平成25年4月から研修を開始する研修医の皆さんは、2年次の選択科目期間中に滋賀医科大学医学部付属病院において研修ができるようになりました。
  6. 厚生労働省が定める臨床研修の到達目標を達成するため、各科責任部長が連携し、研修医をサポートします。

専門医研修

 平成30年4月の新専門医制度スタートに伴い、初期研修修了(見込)者を対象に、市立長浜病院内科専門医研修プログラムに基づく内科専攻医を募集します。
 内科専門医の使命は、(1)高い倫理観を持ち、(2)最新の標準的医療を実践し、(3)安全な医療を心がけ、(4)プロフェッショナリズムに基づく患者中心の医療を展開することです。内科専門医のかかわる場は多岐にわたりますが、それぞれの場に応じて、
① 地域医療における内科領域の診療医(かかりつけ医)
② 内科系救急医療の専門医
③ 病院での総合内科(Generality)の専門医
④ 総合内科的視点を持ったSubspecialist
に合致した役割を果たし、地域住民、国民の信頼を獲得します。それぞれのキャリア形成やライフステージ、あるいは医療環境によって、求められる内科専門医像は単一でなく、その環境に応じて役割を果たすことができる、必要に応じた可塑性のある幅広い内科専門医を多く輩出することにあります。
 市立長浜病院内科専門研修施設群での研修終了後はその成果として、内科医としてのプロフェッショナリズムの涵養とGeneralなマインドを持ち、それぞれのキャリア形成やライフステージによって、これらいずれかの形態に合致することもあれば、同時に兼ねることも可能な人材を育成します。そして、滋賀県湖北医療圏に限定せず、超高齢社会を迎えた日本のいずれの医療機関でも不安なく内科診療にあたる実力を獲得していることを要します。また、希望者はSubspecialty領域専門医の研修や高度・先進的医療、大学院などでの研究を開始する準備を整えうる経験をできることも、本施設群での研修が果たすべき成果です。
 市立長浜病院内科専門研修プログラム終了後には、市立長浜病院内科施設群専門研修施設群(下記)だけでなく、専攻医の希望に応じた医療機関で常勤内科医師として勤務する、または希望する大学院などで研究者として働くことも可能です。

学会認定・修練施設等

  • 日本内科学会認定医制度教育病院
  • 日本血液学会認定血液研修施設
  • 日本リウマチ学会教育施設
  • 日本透析医学会専門医制度認定教育関連施設
  • 日本呼吸器学会認定施設
  • 日本呼吸器外科学会認定施設
  • 日本胸部外科学会指定施設
  • 日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡認定施設
  • 呼吸器外科専門医合同委員会認定基幹施設
  • 日本消化器病学会専門医制度認定施設
  • 日本消化器外科学会専門医制度指定修練施設
  • 日本消化器内視鏡学会専門医制度認定指導施設
  • 日本外科学会専門医制度修練施設
  • 日本乳癌学会関連施設
  • 日本脳神経外科学会専門医指定訓練施設
  • 日本脳卒中学会認定研修教育病院
  • 日本循環器学会認定循環器専門医研修施設
  • 日本老年医学会認定老年病専門医制度認定施設
  • 心臓血管外科専門医認定機構認定基幹施設
  • 日本心血管インターベンション学会認定研修施設
  • 腹部ステントグラフト実施施設
  • 胸部ステントグラフト実施施設
  • 日本整形外科学会研修施設
  • 日本形成外科学会教育関連施設
  • 日本小児科学会専門医制度研修施設
  • 日本産科婦人科学会専門医制度卒後研修指導施設
  • 日本周産期・新生児医学会暫定研修施設
  • 日本泌尿器科学会専門医教育施設
  • 日本眼科学会専門医制度研修施設
  • 日本耳鼻咽喉科学会専門医研修施設
  • 日本医学放射線学会専門医修練機関
  • 日本病理学会認定病院B
  • 日本麻酔科学会麻酔科認定病院
  • 日本放射線腫瘍学会認定協力施設
  • 日本がん治療認定医機構認定研修施設

指導体制について

主な指導医(平成30年4月現在)

※厚生労働省の「医師の臨床研修に係る指導医講習会の開催指針」に基づいて開催された指導医養成講習会を受講したもの

リウマチ膠原病内科 梅原 久範
腎臓代謝内科 森田 善方・潮 正輝
呼吸器内科 野口 哲男・高木 順平
消化器内科 野田 恵加
循環器内科

高島 弘行・山科 聡

神経内科 小川 雅文
脳神経外科 小林 映・小室 太郎
外科 野田 秀樹・神田 雄史・東出 俊一・川島 和彦・平良 薫
呼吸器外科 田久保 康隆
整形外科 杉本 正幸・廣瀬 伸次
形成外科 藤林 久輝
心臓血管外科 曽我 欣治・洞井 和彦
泌尿器科 横川 竜生
耳鼻咽喉科 糟谷 憲邦
小児科 多賀 俊明
産婦人科 林 嘉彦・脇ノ上 史朗
麻酔科 嶋田 文彦
放射線科
診断部門
治療部門
伏木 雅人・若宮 誠
病理診断科 黒澤 学
精神科
セフィロト病院
松岡 俊樹・松林 和重・板東 宏樹

このページの
先頭へ